合格体験記

2016年度 首都大学東京 合格 愛知高校3年 N.Kさん

2016年度 首都大学東京 合格 愛知高校3年 N.Kさん

私は頑張りたくても頑張れない自分が本当に嫌いだった。自分を変えたかった。だから私は自分革命を起こすために塾に入った。
言い訳にしかならないのかもしれないけど、家では勉強できる雰囲気じゃなくて、やりづらかったから、家は”休む場所”で勉強は学校か塾ですると決めた。
確かに勉強するのは苦しいけど、その苦しさの中で頑張るのも楽しかった。そういう自分との戦いがしやすいのがフロンティアだと思う。ただ苦しいだけじゃなくて、負けないで頑張れる自分がいて、いつも応援してくれる先生がいて、一緒にがんばってる友達がいて、フロンティアはそういう場所だと思う。
塾って単に大学に入るための勉強をする場所だと思っていたけど、フロンティアは勉強だけじゃなく自分の人生において、とても大切な時間を過ごした場所であり、自分自身が本当に成長できた場所だ。
心から感謝しています。先生ありがとう。私は変われました。

合格体験記一覧へ戻る