合格体験記

2016年度 信州大学農学部 合格 千種高3年 M.Sさん

2016年度 信州大学農学部 合格  千種高3年 M.Sさん

私は2年生の冬にこの塾に入りました。
最初に体験に来たとき、すごく静かな空間で皆が黙々と集中して勉強している様子を見て、焦りを感じたのを覚えています。私は理系だったので、数学、化学を中心に教えていただきました。まずセンター対策についてしっかりと早いうちから呼びかけてもらったので、早めに危機感を感じることができました。私は運動部に所属していて、つい部活に熱中してしまって疲れて勉強ができないということが入塾前にはよくありましたが、この塾の、行ったらいつでも集中できて、いつでも教えてもらえるという環境のおかげで、帰りに塾へ行くことが習慣になり、しっかりと勉強することができました。高3の夏休みには朝から夜遅くまで塾で集中しました。また、夏休みには英語の補習もありました。英語が苦手だった私は、一度に大量に題題として出される構文暗記や難しい長文に苦戦しながらも、やっていくうちにだんだん英語が楽しくなっていきました。これがなかったら私はきっと今でも英語がとても苦手だったと思います。
冬休みはセンター直前ということもあり、毎日朝7時に塾に来て10時過ぎに帰るというのを続けました。先生は勉強はもちろん、精神面でたくさん支えてくださいました。
先生に教えていただいたと同時に私が今、身をもって感じたのは苦しんで苦しんでやっと結果が出るということです。限界だと感じたときにもう少しがんばってみる、ということを先生は教えてくださいました。実際にそうしてみると、それが自信になります。やっぱり試験直前は不安になります。でも、私はこれだけやったんだ、という自信がありました。また、先生が講義をするときに、皆と話し合ったりする機会をくれて、思いを共有できる仲間ができました。これもすごく大事!
先生はたまによく分からないギャグを言ったりするけど、本当に温かい感じがします。たくさん相談にのってもらって、先生の言葉がすごく支えになりました。ありがとうございました!
あと、お正月に塾のみんなで、塾のちょっと歩いたところに初日の出見に行くのおすすめです!結構それで受かる!って自信つきました。

合格体験記一覧へ戻る